MENU

借金が返せないと訴状が届く可能性も

長期間に渡って借金の返済ができない状態が続いてしまうと、状況によっては貸金業者などから訴状が届く場合があります。訴状が届くと裁判となってしまい、そのままにしておくと強制執行によって差し押さえの対象となる可能性が出てきます。

 

差し押さえとなると大きな問題となり、実生活に与える影響も非常に大きくなります。何せ毎月の給料から一定割合が強制的に取られてしまうため、お金がなくて借金の返済ができなかったのに、更にお金がない生活を強いられることとなってしまうのです。

 

こうなると弁護士での対応ができない場合があり、一部の弁護士では差し押さえとなった借金は対応外としています。差し押さえとなる前であれば払えない借金の解決は行ってくれても、差し押さえとなってしまった後では弁護士ではどうにもできないのです。

 

正確にはどうにもできないわけでもないのですが、例えば支払いができなくなった借金の債務整理を進めるといった段階であれば、多くの弁護士事務所で進めてくれます。しかし、差し押さえ後の対応については進めてくれる弁護士は限られてしまうので、探すのが手間となるのです。

 

借金が払えなくなってしまうのは状況によっては仕方が無いことですが、重要なのは払えないからとそのままにするのではなく、しっかりと解決に向けた手続きを行うことです。主にキャッシングによる借金が払えない場合に進める債務整理は、できれば早めが良いのです。