MENU

交通事故の被害にあった際の慰謝料請求も

交通事故の被害にあってしまってしまった際には、多くは相手側の保険会社と損害賠償額を示談によって決定します。損害賠償には怪我の治療費や修理費、慰謝料が含まれており、示談の進め方によって被害者側が得られる金額が大きく変わります。

 

しかし、保険会社の多くは支払う損害賠償を出し渋るため、なかなか示談が成立しません。被害者側の希望が完全に通る確率は決して高くは無く、泣く泣く保険会社が提示する示談内容で納得をしてしまう交通事故被害者もいるほどです。

 

中には示談の成立をしない被害者に対して裁判を持ちかけるような強気の保険会社も存在し、多くの被害者の方は裁判まで持ち込まないことを分かっているからこそ保険会社は示談を成立させなければ裁判を持ちかけ、支払う保険金を少なくしようとするのです。

 

事故や怪我の状況によっては裁判に発展しても被害者側が損をすることは少ないのですが、裁判となると費用も手間もかかるため、どうしてもハードルが高くなってしまいます。そこで頼ってみたいのが、交通事故に強い弁護士です。

 

弁護士では交通事故の示談に関する相談も受け付けており、依頼を行えば保険会社との示談を進めてくれます。弁護士に依頼をする交通事故示談は被害者側が有利になるケースがほとんどのため、保険会社が当初提示している金額よりも多くの慰謝料が獲得できるようになります。

 

しかし、交通事故示談を弁護士に依頼をするという行為はあまり一般的ではなく、知られていないのも事実です。交通事故はいつ被害に遭うかわからないので、事故件数が特に多い愛知県にお住まいの方、または愛知県によく行くといった方は愛知県の交通事故示談の弁護士依頼を覚えておくと良いでしょう。